人間の体は食べたり飲んだりして塩分つまり塩化ナトリウムを体にたくさん取り入れると、体内のナトリウム濃度が高くなります。
私たちの体はナトリウムの濃度を常に一定に保つように働くので、濃くなったらそれを薄めようと水を要求しますが塩辛いものを食べたらのどが渇くというのもその表れです。
そして水分が増えると結果として血液量が増え、心臓から送り出される血液の量・心拍出量が多くなりますから血圧が上がるということになっています。
このようにして上がった血圧は腎臓に影響を与えます。
余分な塩分・水分は血液として腎臓に運ばれ尿の塩分・水分として排出されるわけです。
その量には限界があり、腎臓から排出できる塩分量よりも多い大量の塩分が体内にあった場合、塩分は水分とともに血管に残ってしまい、そうなると血管は腫れぼったい状態が続いてしまいます。
まさにこれが高血圧です。

塩分によって血圧が上がりやすくなっている人つまり塩分をためてしまう体質を食塩感受性といい、塩分を摂っても血圧が上がるわけではない人つまり塩分を排出しやすい体質を食塩非感受性といいます。
いろいろな原因での腎臓の働きの違いが、こうした体質の違いとなるようです。
このように塩化ナトリウムを排出しやすいかどうかは、高血圧になるかどうかの重要な要素だとわかってきました。

ところが今は食塩感受性であるかどうかを図る簡易な方法はありませんし、ある個人がナトリウムをため込む体質か否か、ナトリウムの作用で高血圧になるのか否かは言い切ることはできません。
そこでおしなべてナトリウムは、血圧を上げるものだから食事などで摂取を制限しましょうということになってしまうのです。
ナトリウムの過剰な摂取をしないためにも、減塩食も盛んに行われていて、特に和食では醤油やめんつゆなど塩が多く入った食品がたくさん使われています。
最近では減塩した醤油やめんつゆなども市販されていますので、これらを使用して料理をすることも高血圧の症状が出ないような、工夫の一つです。

健康な人の食事とは

高血圧予防のための食事は減塩が基本ですが、それと同時に高血圧の大敵である肥満を防ぐためにも適正なエネルギーを摂取しその中でバランスよく栄養を摂ることが大切です。
私たちの健康を維持していくためには、5大栄養素といわれる炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルに加え第6の栄養素といわれる食物繊維が欠かせません。
健康な人の食事はこれらが毎日バランスよく組み込まれています。
食品は種類によって含まれる栄養素が異なります。
体に必要な栄養素をバランスよく摂るためにはできるだけ多種類の食品を少量ずつ食べることがポイントです。

さまざまな栄養素を偏ることなく摂る簡単な方法があります。
それは食卓の彩りを豊かにすることです。
彩りがきれいな料理というのは、実は栄養素をバランスよく含んでいるということの証拠です。
白・赤・黄・緑・黒・茶色などの色がなるべくたくさん入った料理を食べることで、自然に栄養のバランスが取れてきます。
高血圧の症状を防いで健康的な生活を送っていくためには、塩分の摂取量を抑えるばかりではなく血圧をコントロールするのに役立つ栄養素や食品を積極的に毎日の食事にとりいれることが大切です。

血圧降下作用があるカリウムやマグネシウム・カルシウムなどの栄養素が入った食品を、積極的に取り入れてみてください。
普段の食事のとり方に対してもポイントがあります。
和食の中心的な食材である醤油やめんつゆですが、これらを普段食品にかけて食事をとっている人はいないでしょうか、醤油やめんつゆを食品にかけてしまうとどうしても塩分の摂取量が多くなってしまいます。
これらを使用するときはかけるのではなく食品につけ汁のように、つけて使用してください。
塩分を摂取する量が断然少なくなってきます。