メインテートはベータブロッカーとも呼ばれるβ遮断薬の系統に属する降圧剤で、有効成分ビソプロロールフマル酸塩の働きによって、交感神経からの心拍数を上げる指令となる神経伝達物質が心臓の受容体に届くのをブロックして血圧上昇を抑えます。
メインテートは心臓のβ受容体だけを阻害する心臓選択性のベータブロッカーで、気管支への影響を及ぼしにくいというメリットを持っています。

ベータブロッカーが阻害するβ受容体は1種類でなく心臓のβ1受容体のほか気管支にβ2受容体があるため、両方を阻害してしまうと気管支に副作用が出てしまいます。
メインテート主成分のビソプロロールフマル酸塩は心臓のβ1受容体だけを選択的にブロックすることで気管支に副作用が出るのを抑え、心臓に対してはより効果的に働く薬として開発されました。
ぜんそくの発作が起こりにくいため気管支に持病がある人への処方も可能になったβ遮断薬として重宝されています。

心拍を抑制して降圧するベータブロッカーは心臓を休ませることができることから、心臓の働き過ぎが発作に繋がる狭心症や、頻脈で弱い拍動が繰り返されて血液が十分に送られなくなる不整脈に対しても有効な治療薬です。
メインテート服用後の血中濃度が半分になる半減期は約9時間後となっていますが、薬効自体は約24時間効き目が持続するよう配合されているため1日1回の服用で済むようになっています。

メインテートは高血圧症や狭心症では約70パーセント以上の人に効果がみられ、心室性期外収縮では50パーセント以上の人に効果があったとされ人気が急上昇しました。
一時ビソプロロールフマル酸塩が入手困難になり販売休止がささやかれましたが、現在ではジェネリック医薬品も含め購入できるようになっています。
かつて心不全の治療には不向きとされていたメインテートですが、海外では心不全に対する有効性が認められていることから日本でも一部の慢性心不全の人に使われるようになっており、ビソプロロールフマル酸塩の効果効能を生かす機会が広がっています。

メインテートは何ミリグラムを選べばいい?

メインテートとはビソプロロールフマル酸塩を主成分とする薬であり、高血圧症や狭心症、不整脈などの治療に利用されています。
心拍数を上げる作用のあるβ受容体を遮断するという効果がありますし、心拍数が上がらないようにすることができるため、血圧の上昇を抑えることができます。
また、血圧の上昇を抑えるだけでなく、心臓の拍動を調節して狭心症や不整脈などを利用する効果もあるということです。

メインテートは本能性高血圧症の場合は72.6%、狭心症の場合は70.9%の人に効果が出たというデータがあります。
メインテートは服用して3時間後に最も成分の濃度が高くなるとされています。
また、約9時間後には血液中の濃度が半分になりますが、効果については24時間持続するということです。
そのため1日1回の服用で効果が期待できるでしょう。

心臓の拍動が多くなったり少なくなったりするのが不整脈という症状です。
メインテートは不整脈のうちの心拍数が多すぎる症状の改善に効果が期待できるということです。
心臓の拍動が多すぎる場合、1回の拍動の力が弱くなってしまいますし、体に十分な血液を送れなくなってしまいます。
メインテートを服用すれは心臓の拍動の回数を減らすことができるため、1回の拍動を力強くすることができます。
結果として心不全を改善することができますし、不整脈の治療ができるということです。

メインテートには血圧を下げたり不整脈を改善する効果などがありますが、用法用量をきちんと守ることが大切です。
この薬を間違った方法で服用すると副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。
指示された用法用量をきちんと守ることはもちろん、疑問や不安が少しでもある場合は早めにドクターに相談することがポイントです。
この薬は病院で処方してもらうこともできますが、入手困難な場合はジェネリック医薬品を利用すると良いでしょう。